FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平安京エイリアン

 平安京エイリアン
正直に白状すると、これは我が生涯において最もハマったゲームであった。

スペースインベーダーが一段落し、その後継機ともいうべきギャラクシアン
とほぼ同時期に発表されたと記憶している。
まだ、ゲームセンターが不良の溜まり場として、先生父兄の類いには煙たが
れていた時代のことである。
パソコンやファミコンなどが普及するかなり前の時代、
たしかに今で言うヤンキーもいることにはいたが、それほど気にせずゲーセ
ンに足繁く通った。

平安京の荒れた町並みを徘徊している妖怪を、検非違使が穴を掘り、落として、埋めて退治する。
ゲーム画面もドット絵で単純極まりないものであったが、面クリアーする毎
に増殖、スピードを速める妖怪どもは、
最近の直接的写実的に見せるゲームのモンスターにも負けないほどの迫力と
臨場感があった。

妖怪につかまって喰われた時の「シャー!」というBEEP音で何度悲鳴をあ
げたことか。(笑)

時は流れ、ファミコン、ゲームボーイ、パソコンなどが次々と普及し、家庭
でのゲーム遊びが日常化された頃、
ゲーセンに通うことも滅多になくなり、それでも忘れることが出来なかった「平安京エイリアン」!(笑)

スーパーファミコン、ゲームボーイ、PCパッケージ版、PCダウンロード版
とソフトが出る度に買い求め、
PC版の起動及びゲーム画面が当時のままであることに感動したり、
結局、当時の臨場感さながらに遊べるのは簡略化されたゲームボーイ版だけ
だったことに愕然としたり、

まあ、初対面から30年以上たった今でも当時を偲んで遊んでいるのであった。

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。