FC2ブログ

歴代の中では名作の部類に入ると思われるが・・・

イメージ 1

なにしろゴジラが空を飛ぶのである。
シッポを持って後ろ向きになり、放射能火炎をジェット機のように噴出して
空を飛ぶのである。
イメージ 2

当時のお子様たち(含.自分)は大喜び、怪獣大戦争の「シェー」よりもイ
ンパクトがある、後世に語り継がれる名(迷)シーンとなった。

ただしシナリオ的には良い出来で、当時の公害問題を真正面から捉えており
冒頭のヘドロやゴミが浮かぶ東京湾の姿はかなり衝撃的な映像であった。

さらに敵方のヘドラも充分気味悪く、海~陸~空と変身を繰り返し、最終形
態でゴジラよりも大きく変容した時には驚嘆したものである。

また、硫酸ミストで人間を溶かして骨にするシーンは、お子様たちにしては充分す
ぎるほどショッキングに描かれていた。

この頃のゴジラは人間の味方として定着していたため、防衛軍(自衛隊?)
との共同戦線を張ることになるのだが
つかず離れずで適度な距離を保っているのも好感が持てる。

その後に迷走を続けるゴジラシリーズにおいては、充分及第点の映画だと思
われる。

COMMENT


TRACKBACK

↑