FC2ブログ

LPとLD

それぞれCDとDVDが世に出たとたん、盛者必衰、怒濤の勢いで駆逐されてしまった感のある両製品ではある。

たしかに盤面も大きく扱いにくい上に、プレイヤー自体も大きく成らざるを得ない点で不便ではあったのだが、
大きいパッケージならではの豪華さ、芸術性、お得感、そしてライナーノーツの充実性などを考え併せると
なかなか捨てたものでもないとも思える今日この頃。

実際、今までに集めたLPやLDは捨てたり売ったりするのが忍びないので、いまだに持ち続けている。
壁にネジを2本打ち付けてその上にパッケージをそのまま乗せ、買った当時を偲びつつインテリアとしても活用しているのであった。

などど書き連ねているが、最近、LDはともかくとして、アナログの良さの見直しがなされ、新譜をわざわざアナログLPで発表する奇特なアーティストも現れているようである。

これはこれで歓迎できる波なのではあるが、アナログレコードプレイヤーの針交換は面倒くさかったなぁ・・・などと思い出したりもしている今日この頃なのであった。(笑)

COMMENT


TRACKBACK

↑