FC2ブログ

スズキフロンテの想ひ出

これは、それほど昔でもない昔の話。

今から20数年前、福岡県の久留米に住んでいる時であった。

GWを利用して宮崎市にいる友人の家に学生時代の友人たちが集まることになった。

当時、私が乗っていた車というのが前述のS39年型のスズキフロンテ(実にエンジンをかけるのも一苦労のじいさん車)だったのだが、
長距離を走ったこともなかったこともあり、周りの止める声もうやむやに出発してしまったのであった。

もちろん高速道路を走る度胸はなく、延々と下の国道を乗り継いでマイペースで運転していった。

久留米市~熊本市~八代市~人吉市
市街地を通って熊本県の球磨川を上るこのコースは、同じ経路を高速道路が通っているため、GW真っ最中とはいえ閑散として快調に進むことができた。

ところが人吉市の高速インターを過ぎた辺りで徐々に車が増え始め、まったく動かなくなってしまった。
それもそのはず、当時、熊本の人吉と宮崎のえびの間を結ぶ峠越えの高速道路がまだ開通していなかったため、人吉インターを降りて宮崎に向かう車が下の道に合流してきたのである。

渋滞である。

快調に走っていた時はなんの不調も訴えなかったフロンテも、いざトロトロ運転に変わると途端にラジエーターの目盛りが上昇してきた。
さらに運が悪かったことには、このじいさん車にとっては渋滞していなくても難関の“人吉ループ橋”が目の前に迫ってきたのである。

人吉ループ橋というのは、峠を越える道を山谷沿いに延々と造ることを敬遠し、谷間にループ道路を建造、一気に山を駈け登ってしまおうと云う壮大な国道なのであるが、高速道路が開通してしまった今、どうなっているかは定かではない。

さて、難関のループ橋である。
結局、ループ橋の3合目あたりでラジエーターの目盛りがレッドラインに達し、路肩に緊急避難、事なきは得たが、次に普通に走り出すためには優に3時間を要した。

早朝出発して、宮崎市に着いたのは日没後。
疲れの余り、帰りも同じ経路を通らなければならないとは、その時は考える余地もなかったのであった。

さて、今年のGWは・・・
少なくともオーバーヒートする様な車で、オーバーヒートする様な場所に出向くことは二度とあるまい。

COMMENT


TRACKBACK

↑