FC2ブログ

実写版マジンガーZ!?

先ず特筆すべきは、何と云ってもMONSTERではなくKAIJUUなのである。
ハリウッド映画なので仕方ないのであるが演者たちが英語に混じって、たどだどしく「怪獣」とのたまうのがとっても新鮮で感動的なのである。
イメージ 1
さて映画の方であるが、はっきり云って(自分にとっては)短い。
怪獣出現から香港での決戦まではそこそこの見せ場はあるものの、そこに到るまでの要約やあらすじと云ったダイジェスト版を見せられた様な錯覚に陥るほどである。

怪獣出現→人類の危機→イェーガー建造→怪獣撃退→さらなる強力な怪獣出現→人類の危機→イェーガー改造→人類の反抗
特に、イェーガーが建造されて初めて怪獣に勝ったあたりの描写、それから一時期人類が怪獣群に対し優位に立ったあたりの描写をもっと綿密に作り込めば良かったと思うのは自分だけだろうか。
もっとも短いとは云っても2時間超の尺はあるので、これ以上長くしても冗長になる危険性を孕んでは居るが。
むしろ、この決まった時間内でこれだけの情報量を詰め込んだギレルモ監督の手腕と英断に畏れ入るばかりである。

最後の場面は、USゴジラをはじめとする数々のモンスター映画の回帰かと思われたが、そこはオタク監督、しっかりと笑いをとるのもさすがである。(笑)

そして、エンドロールのそれこそ最後で「本多猪四郎に捧ぐ」と献辞が述べられており、これでまたぐっときてしまうのであった。

COMMENT


TRACKBACK

↑