FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、おいたわしや、ジェット・リー(笑)

イメージ 1

昨今のハリウッド映画において、ジェット・リーが脇役や敵の大ボスに扮することも珍しいことでは無くなってきてはいるが、この映画での扱いには大いに異を唱えたい。

たしかに始皇帝(?)と云う重厚な役どころで一見なんの問題もないように見受けられるが、ジェット・リーが素顔で演じるのはごくごく僅か、ほとんどは復活前のイムホテップ状態(ミイラ)か、人の跡形もなく三ツ首竜や巨大猿の変化(へんげ)として話は進んでゆく。

その中でも、ジェット・リーの素顔が三ツ首に別れ鱗が浮き出て竜に変化するシーンがあるのだが、おぞましいのか可笑しいのか反応に困ってしまう描写なのである。(笑)

往年のジェット・リーファンとして一言・・・仕事を選んでくれぇ!(爆)

そして今更ではあるが、"2"でさえも"ハムナプトラ"を冠したことに非難の声があったのに、中国の遺構で何故"ハムナプトラ"なのか、邦題を考えた人に小一時間(ry

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。