FC2ブログ

泣いたマンガ ③

飯森広一 「27頭のあいつたち」 (「ぼくの動物園日記」より)
イメージ 1

「ぼくの動物園日記」は、自分が小学校中学年の頃に一番最初に嵌まったマンガであった。
わずか20~30頁の限られた紙面の中で、これほどまでに毎回感動を与えて続けてくれたマンガはそうそうない。
その中でも、敗色濃厚な先の大戦末期に於いて、爆撃によって猛獣が逃げ出すのを防ぐために動物園の動物たちをその飼育係自らが殺していく凄惨な事件を描いた「27頭のあいつたち」が一番"泣いた"エピソードである。

信頼していた飼育係に毒入りの餌を食べさせられる"熊のドン"
飼育係と一緒に逃げだそうとしたところを見つかり、結局その飼育係に斬首された"ニシキヘビのあや子"
そして毒餌も毒注射も受け付けなかったために餓死せざるを得なかった3頭の象たち。
今では反戦マンガとして扱われることの多いこのエピソードではあるが、それにもまして愛する者に殺されなければならなかった動物たちの物語は悲しすぎる。

小さい子供さんの情操教育に如何ですか?(笑)

ちなみに、この「ぼくの動物園日記」には単行本に収録されていない話が何本か存在する。
週刊少年ジャンプの連載終了間際に描かれていた"マスクラットの物語"、そして連載終了後月刊ジャンプに名作シリーズと銘打たれて描かれていた"ライオンのネロの物語"である。
雑誌掲載時以来読んでいないので記憶も曖昧になってきているのであるが、何とか読めるようにして戴けないものか。

COMMENT


TRACKBACK

↑