FC2ブログ

見た目とネーミングに騙されてはいけない。

イメージ 1

これは普通に恰好良い特撮ヒーロー作品である。

兵器を製造販売する死の商人が、自社の殺戮兵器がアフガンゲリラに不正供給されていることを知り、人道主義に目覚める
・・・などと書くとどこぞのヒューマンドラマみたいではあるが、プロトタイプ→マークⅡ→最終形態と進化してゆくパワードスーツもデザインは目をつぶるにしても、それぞれに格好良く、見る者を惹きつける。

途中、フルCGで対F-22そしてパワードスーツ同志の空中戦を行うのであるが、どこかで見たことのある構図だと思ったら"THE ULTRAMAN"でのネクストとザ・ワンのそれと酷似していた。ただし、CGの出来自体は予算の関係もあるのだろうが、ハリウッドの大差勝ちだったのはむべなるかなである。

さらに"ロボコップ"や"インクレディブルハルク"で見たようなシチュエーションもあるのだが、全体的にまとまりも良く、面白かったので目をつぶろう。(笑)

ただ苦言を呈するなら、エンドロール後の続編を匂わせる終わり方は蛇足であった。

COMMENT

- Mスタンドアローン

最近、著作権があまりにもやかましく主張されすぎている気がします、おもしろいもの、わくわくsる内容にしようとおもえば、どこか有名な過去の作品ににてくるのもいたしかたないのでは?

2019.04.30(Tue) 13:41 | URL
- 初代呉璽羅

その通りです。何事も面白ければ勝ち、面白くなければ叩かれるだけ。(笑)

2019.04.30(Tue) 13:41 | URL

TRACKBACK

↑