FC2ブログ

がん健診

毎年恒例の、と云いつつ、昨年から数えて2回目のがん健診に行ってきた。
胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、そして腹部超音波検診。

昨年はこの超音波検診で胆のうにポリープが見つかったのであるが、さてさて今年の結果は如何。

また、やられた。(笑)

赤ちゃんの時に密猟者から救い、手話で人語まで解すようになるまで友人として育てた白いゴリラが人間のエゴでDNA兵器にされてしまったら・・・と云う、どこかで聞いたような設定にめっぽう弱い私は、"ジュラシック炎の王国"同様、そのお涙戦法にすっかりやられてしまった次第である。
ランペイジ

ただ、ジュラシックのブルーは至ってクールだが、この白ゴリラ・ジョージは下品なジョークをとばすのでせっかくの良い場面の涙がはぐらかされることも。(笑)

巷のポスターで見る限り巨獣の大きさは「狼<鰐≦ゴリラ」と思い込んでいたので、実際はゴリラが一番小さくて虚を突かれた感はある。

"ジュマンジ"や"キングコング"を想起させ、また人を押し潰したり、噛み砕いたりする場面もしっかりと描かれているので"平成ガメラ3"を思い出したりもした。
なかでも巨大鰐が観覧船をひっくり返し、その豆粒みたいな乗客が放り出されて溺れていく様が一番鳥肌の立ったシーンではあった。

ジュラシック・ブルーと同様、巨大白ゴリラ・ジョージも死なずにハッピーエンド風に終わるのは評価できる。

バレンタインデー

とは云っても、中国のバレンタインデーである。
中国では旧暦の7月7日(今日)がその日で、男性から好きな女性に花を贈ることが習慣化されている。

それほど歴史のある行事ではないのだが、お菓子メーカーに踊らされている感もある日本のそれやホワイトデーに比べれば、まだまだ純粋に楽しめる分だけましである。

今年は、リーガスベゴニアを。

バレンタイン

"発想の転換"の勝利

昨年の超話題作を今ごろ観る。
おっさん
よくよく考えると、このドラマの配役の二人を男から女に替えると、何の変哲もない普通の恋愛ドラマになってしまうのであるが、最近、何かと取り上げられることの多いLGBTを題材にした男同志の恋愛を描くと云う発想で作られ、なかなか面白く仕上がっている。

まあ、コメディなので仕方ないのだが、役者さんの演技が大袈裟すぎて反って退くところもちらほら。
↑