FC2ブログ

たぶん歳のせいだ ~ド忘れ篇~

その人の顔は分かっていても名前がどうしても出てこないのはもう慣れてしまった。(笑)

今まで手に持っていたものが、どこに置いたものか見当たらなくなるのも日常茶飯事だ。

それよりも今、深刻なのは"漢字"をことごとく忘れ始めていることである。
もともと国語は小学校の頃から好きな科目で、漢字書き取りなどは得意中の得意であった。
ところが、つい先日などは憲法の"憲"、市営の"営"、果ては"巧""郵""寝"の漢字が出てこなくて七転八倒したところである。

今から思うに、漢字が得意だったあまり、漢字そのものが持つ意味を考えることなく記号的に丸暗記してしまったことが、今回の破竹のド忘れに繋がったのではないかと推察する。
ド忘れした漢字を不本意ながら調べてみて、「ああ、この漢字だったか」と思い出すのはまだ良いが、字によってはまるで初めて見るような感覚のものまであり、さらに焦燥感が増したりもするのであった。

歳とパソコンのFEPのせいにするのは容易いが、このままじゃほんとにボケてしまうよね。
それにしても漢字のド忘れは本当に心に痛い。

たぶん、歳のせいだ ~味覚篇~

50の大台に乗ってからはや5年、いつの間にやら仕事場でもほとんどが歳下の人たちとなり諸行無常を感じる今日この頃ではあるのだが・・・

ここ最近、(たぶん)歳のせいで味覚が劇的に変化してきたものがあるので列記しておく。

その1 缶コーヒー
ほんの数年前まではダイドーのミルクコーヒーなど平気で飲んでいたものだが、最近は総て、それがたとえ微糖であっても甘すぎて飲めなくなってしまった。
缶コーヒーに入っている砂糖の量を知ってしまった時と時期は一緒のような気もするが、とにかく今は缶コーヒーは総てブラック無糖である。

その2 レトルトカレー
カレーの香辛料の辛さよりも塩の辛さが鼻(舌)につき、これまた食べられなくなってしまった。
レトルトカレーはお金が無い時の常食であったので、これはこれで痛い。

その3 インスタントラーメン
一袋何百円もする高級インスタントはまだましだが、スーパーやドラッグストアで売られている激安ラーメンは、レトルトカレー同様塩辛くて舌が受け付けなくなった。
塩ラーメンでもないのに塩辛いとはこれ如何に?(笑)

その4 レトルトのミートソース
その他のパスタのソースはそれほどでもないのだが、ミートソースだけはどのメーカーのものでも何故だか塩辛い。


ここまでを総括すると、(たぶん)歳のせいで、身体が過剰な糖分と塩分を欲していないのだな、と云うことにしておこう。
↑