FC2ブログ

Ⅰ度高血圧(軽症)

ここ最近、病気自慢日記みたいになってしまい至極恐縮ではあるのだが、

"Ⅰ度高血圧(軽症)"・・・なのだそうだ。

さも他人事のように云ってはいるが、紛れもなく自分の血圧である。

イメージ 1

自分の血圧値として認識していたのは、だいたい"70~120"の値であった筈なのであるが、ここ数日"90~150"で動かなくなってしまった。

油系の料理が多いのと、スナック菓子が常備されているのと、運動不足。

原因がわかっているなら、早急に対処せんかいッ<自分。

配役と脚本の勝利

本来、原作を読んで興味を持ったものの映像化作品を観ることはあっても、その逆となると滅多にないのであるが、珍しくこの小説はドラマ化以降も読みたいと思った一篇であった。
イメージ 1

やはりドラマの方を先に観てしまうと、半沢直樹の台詞はすべて堺雅人の声で脳内変換されてしまう。(笑)

自殺していた父親が生きていたり、個性的な悪役、大和田常務や黒崎検査官が出てくるのは次作からだったりとか、ドラマとは違った展開もみせるが、物語の最初から絡ませる脚本の妙でドラマの方に一日の長があるか。
作品自体を読んでみると、小木曽次長をやり込める場面は溜飲を下げるが、その他は、結末がわかっているからなのかもしれないが、それほど感情移入できなかった。

決め台詞の「倍返し」も最後の方でさりげなく話すだけである。

やはり堺雅人主演でドラマ化されて一目注目を浴びた作品である感は否めない。

はじめての・・・その後。

その1 はじめてのタブレット、その後。
これは本当に手に入れて正解。
逆に何で今まで持っていなかったのか、と自問するほど快適な読書生活を送っている。
自分は昨今、文庫は云うに及ばず手元で本を読む際には老眼鏡が必須となっていたのだが、それを必要としなくなるまでの文字の拡大が可能で、かつ一度設定すると以降その文字の大きさをいつまでも憶えていてくれると云う親切さ。
目に優しいブルーライト軽減機能もうれしい。
読書に疲れたらその合間に"ねこあつめ"で遊ぶ、スロータブレットライフを満喫中。

その2 はじめての入れ歯、その後。
やはり入れ歯は入れ歯で、本来の自分の歯ではないので仕様がないのではあるが、なかなか馴染まない。
歯茎との間にご飯は挟まるし、芋飴はくっつくし、散々である。
朝晩、はずして専用ブラシで磨かないといけないので、以前よりも"歯"に関心を持ち続けることができるのが一番の収穫か。

日本語能力検定N1

今年7月の検定試験で合否に拘わらずこれで最後の挑戦、と書いてしまったが、やはり何かひとつ目標を持つことで生活にも張りが出るのではないかと自問したらしく、今回の再挑戦となった次第である。

場所は前回と同じく鹿児島市の志學館大学。

それにしても、日本語での日常会話を何ごともなくこなし、新聞や小説も難なく読みこなすヨメさんが苦戦する、このN1検定のえげつなさは筆舌に(ry
↑