FC2ブログ

今日のところはお別れですよ

たとえ最初で最後の夜でもあなたと居たことは忘れません♪

・・・と云うわけで、X68000ゲームソフトの想い出 最終回である。

Part8 まだまだこれだけ持っていたんだなぁ・・・篇

◆ファーストクイーンⅡ
◆A列車でいこうⅢ
◆キャンペーン版大戦略Ⅱ
◆信長の野望・戦国群雄伝
◆大航海時代
◆マスターオブモンスターズⅡ
◆マスターオブモンスターズfinal
◆シムシティ
◆水滸伝・天命の誓い
◆蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン
◆ロードス島戦記
◆Ryu哭きの竜
◆ブルトン・レイ
◆大戦略Ⅲ’90
◆生中継68
◆プロサッカー68
◆キャッスルズ
◆シムアース
◆シムアント
◆ダブルイーグル
◆アークス2
◆あーくしゅ
◆スーパーリアル麻雀PⅡ&PⅢ
◆エメラルドドラゴン
◆マーキュリー
◆琉球
◆マジカルショット

X68Kの衰退の一因として、違法コピーソフトの蔓延が挙げられるが、違法コピーを良しとしない性分だったので、全部自腹で買った。
1本3,000~15,000円したのでX68Kのソフトだけでも1,000,000円はくだらないと思われる。
X68Kの未来のための投資のつもりでもあったが、こんなに早々とWindowsに駆逐されてしまうとは、誰が想像したであろうか。
たま~にハズレもあったが、そのハズレも含めてそれぞれに万感の想い出のあるゲームソフト群であった。

・・・合掌。

・・・おわり。

あなたにさよならって言えるのは 

今日~だけ~♪

・・・と云うわけで、いよいよ佳境に入って参りましたX68000ゲームソフト紹介 第5シーズンである。

Part6 なんだこれは(笑)篇

やはり数多くのソフトが輩出されれば、その中には「なんだこれは(笑)」的なものも存在する。
これらは、それでも途中で投げ出さずに最後まで何とかかんとかクリアしたソフトの数々である。

◆チェイスH.Q.:
アーケードゲームの移植に定評のある68Kではあるが、このゲームに関しては、買ったユーザーに謝れと声を大に(以下略)。

◆アークス:
剣が重要な役割を負うRPGなのに、最終ボスがある特定魔法でしか倒せないと云うのは意表を突きすぎ。 

◆イース:
イース自体は名作であるが、68Kに移植されたそれは、どこをどう間違ったらこうなるのかと云うぐらいリアルであった。(笑)

◆サバッシュ:
画面数が多ければ良いと云うものではない。人物に対してフィールドが等倍の広さになっているだけで移動に時間がかかるだけ大変であった。
100階の塔に昇れと言われた時、本当に100階あるとは誰が思うだろうか。

◆ホテルウォーズ:
コンピューター相手で、これほど退屈なシミュレーションゲームを私は知らない。


Part7 美少女ゲーム篇

この10作品については若気の至りとして笑い飛ばそう。(笑)
ただ、ドラゴンナイトはRPGとしても秀逸な出来ではあった。

◆ドラゴンナイト
◆リップスティック・アドベンチャー
◆あぶない天狗伝説
◆エル
◆きゃんきゃんバニー
◆きゃんきゃんバニーエクストラ
◆闘神都市
◆レイ・ガン
◆マーシャルエイジ
◆妖獣クラブ

・・・つづく
↑