FC2ブログ

「ベルセルク」じゃあないのかッ!?(笑)

本屋で三浦建太郎氏の新刊を見つけ、すわベルセルクと思い込み手にしたところ全くの別物でぶっ飛んだ次第である。
・・・いつこんな漫画を描く暇が?(笑)
イメージ 1

こんな漫画呼ばわりしてしまったが、作品としては秀逸で、作画も一切手抜きなし、世界観も独創的なまがいもなく三浦建太郎節炸裂のファンタジー世界ものなのであった。

一部の人にしかわからない言い方をあえてすると
「破壊王・橋本真也 対 クシャーン妖獣兵 + 進撃の巨人」
・・・などと本当にワケのわからない寸評で申し訳ない。

主人公・泥労守が丸顔のずんぐりムックリでどこかで見たような感じがしたのであるが、直下型のブレーンバスターを放つ場面でプロレスの故・橋本真也に思い至ったり、
巨人化するのはちょっとだけブームになったさる巨人の影響を受けたかと思ったり、
昆虫が進化した人類と云うのはひょっとしてゴキブリのアレのパロディかと邪推したり、

遊び心満載で描かれているのが読む方にもわかって、非常に楽しい作品なのであった。
↑