FC2ブログ

いきなり敵がインフレ

イメージ 1

映画本編よりも先にシルバーサーファーを見てしまった時には、何の冗談かコメディかと思ったのだが、
冒頭の迫力満点の惑星崩壊シーンでその認識をいきなり改めさせられる。
これはSF超大作の予感がする・・・と。(笑)

たしかに大作ではあった。
が、前作に比べていきなり敵がインフレ化しすぎ。
あまりにも強大すぎて、実際眼前に現れた時には地球の最期を覚悟する有様。
結局主役の4人はサーファーを説得する役目だけを担い、後はサーファーに全てお任せという結末はいただけない。

ただし、あの特撮でバキューモン@帰りマンを作ったら、凄まじいものが出きる
・・・とも思った。(笑)

こんな話だとは思わなかった。(笑)

イメージ 1

わざと物語を複雑にしようとして、かえって煩雑で消化不良をおこしている感がある。
もっと単純に、嫌われ者ハンコックがスーパーヒーローとして更生してゆく話で良かったのではないか?

冒頭の車を手玉に取るシーンや鯨を海に放り投げるシーン等は、実写ではなく、まるでアニメのように見えてしまうのだが、これはそのように狙った効果なのだろうか。

見る側の予測や期待を、ちょっとずつ妙な方向へずらして見せてくれる不思議な作品ではある。(笑)
↑