FC2ブログ

また、やられた。(笑)

密猟者から救った赤ちゃんゴリラを成獣まで友人として育て、手話で人語まで解すようになった白いゴリラが人間のエゴでDNA兵器にされてしまったら・・・と云う、どこかで聞いたような設定にめっぽう弱い私は、"ジュラシック炎の王国"同様、そのお涙戦法にすっかりやられてしまった次第である。
ランペイジ

ただ、ジュラシックのブルーは至ってクールだが、この白ゴリラ・ジョージは下品なジョークをとばすのでせっかくの良い場面の涙がはぐらかされることも。(笑)

巷のポスターで見る限り巨獣の大きさは「狼<鰐≦ゴリラ」と思い込んでいたので、実際はゴリラが一番小さくて虚を突かれた感はある。

"ジュマンジ"や"キングコング"を想起させ、また人を押し潰したり、噛み砕いたりする場面もしっかりと描かれているので"平成ガメラ3"を思い出したりもした。
なかでも巨大鰐が観覧船をひっくり返し、その豆粒みたいな乗客が放り出されて溺れていく様が一番鳥肌の立ったシーンではあった。

ジュラシック・ブルーと同様、巨大白ゴリラ・ジョージも死なずにハッピーエンド風に終わるのは評価できる。

原点回帰?

前回の"パーク"が崩壊し、恐竜たちはそのまま島に取り残されて3年が経過した、と云う設定の物語。

前回の感想で良いことは書かなかったので何かとアレだが、この続編は思ったよりも楽しめた。
炎の王国 
最初は島に行くことを拒否していた主人公オーウェンが、小さい頃から面倒を見てきたラプトル"ブルー"との記録ビデオを観て救助に向かう決心をするシーンなど、こう云う仕掛けにめっぽう弱い私は、ものの見事に引っかかってしまった次第である。

火山の噴火の描写も火砕流、火山弾と臨場感たっぷりに描かれ、ここでも最後に取り残されたブラキオザウルスに涙するとは<小学生みたい。

インドラプトルとの決戦でブルーに死亡フラグが立ったような気がしたのだが、死ななかったのは何よりのハッピーエンドであった。

そして最後に、コンピュータ技師のフランクリンに助演男優賞を与えたい。

小さな音や振動、恐竜に怯える様はそれはもう演技とは思えないほどリアルで、物語に緊迫感を与えてくれた。無印の子供たちに匹敵する好演であったことは賞賛に値する。

すばらしきミニチュア特撮の世界

今回は、懐古オヤジの戯れ言として読み流して下さい。(笑)

ギャレゴジやシン・ゴジ、パシリムやらキングコング等々、昨今の特撮はフルCGが当たり前となり、高評価を得ることも珍しいことではなくなった。
(そもそもCG作品は特撮と云えるのか、その定義付けが難しいところではあるが。)

そんな中、久々に日本のお家芸"ミニチュア特撮"を駆使した名作を観た。
イメージ 1

冒頭、おなじみのトラウマ場面、海の後追いガイラからはじまり、
メーサー兵器の設営に奮闘する自衛隊の活躍ぶりやら
メーサー砲に薙ぎ倒される木々の質量感。
こと細かく作られたビル街、港湾、そして惜しげもなく破壊される建物群。

最後に都合良く海底火山が噴火して収拾を謀るのが今ひとつなのであるが、この手のミニチュア特撮は、やっぱり面白い素晴らしい!!

お祭り映画

まあ、かの"マトリックス"と基本舞台設定は一緒なのであるが、"マトリックス"が日常の何気ない退屈な世界を仮想現実としたのに対し、この作品はMMORPGの世界をそれとしたため、より破天荒なお祭り映画に仕上がっている。
イメージ 1
以下、ネタバレがあるので、未鑑賞の方は要注。

キングコングやバッドマン、デロリアン等々、他作品のキャラクターやマシンをこれでもかと云うくらい使い、
ターミネーター2やシャイニング等々、過去の名作のパロディを散りばめ、
まあ、この手のものが好きな人が観ればおなかいっぱいになる映画であった。

個人的には、メカゴジラ対ガンダムの闘いがかなりツボに入ってしまった。

アバターを操る現実の人たちの、ゲーム以外の生活が描かれていなかったのは、物語の陰の部分を省略すると云う点では評価できると思う。

ウルトラマンや仮面ライダーは権利関係の調整がつかなかったのであろうか?(笑)

えっ またアベンジャーズなの!?

まあ、MARVELの作品でもあるし、最近のヒーローのコラボ状況を鑑みても予想される事態ではあったのだが。
イメージ 1

劇中アベンジャーズのファルコンと一戦交え、終幕後アベンジャーズに周知されると云う伏線を張るのだが、昨今はやりのエンドロール後に続編を匂わせる手法は、はっきり云ってしまうと蛇足だと思う。

ただ、ヒーローものとしては新しい要素満載で、ギャグ部分も他作品よりも滑ることなく最後まで楽しく観ることができた。
特殊スーツを着て小さくなるだけかと思いきや、実在する数種類の蟻を手足のように操り、空を飛んだり人間を噛んだり精密機械を破壊したりするのは非常に爽快であった。
↑